​SHIGOTO映像

<動画の有用性>

新型コロナでビジネスの在り方や労働様式がかつてないほど変化しました。企業は長年に渡って活字や画像での「情報」の収集や発信をしてきましたが、DX化で動画の成功活用例が増えてきております。業種によってはアフターデジタルという前提で事業戦略を再考している企業もあります。今、動画の持つ力を活用できる分野は数限りありません。

<販売促進、PR、営業、採用に必要なもの>

記事や画像を見た後に同じ内容を動画で観て、期待していた内容が覆ったという経験は誰もがお持ちなのではないでしょうか。また、自分たちの目的に沿った事実だけを集めての情報発信は、現実とのギャップを映し、逆効果になってしまいかねません。今はハッシュタグ検索でその情報の「リアル」が知れます。以前は動画作りのベンチマークはTVCFでした。DX化された今は動画の多様化が進み、高額でトップクオリティの動画が必要なのはごく一部です。動画の目的は様々ですが、見てもらいたい視聴者、成功の定義そして明確な動画化戦略の策定が不可欠です。

ヒューマンパワー 映像制作

​<価格について>

費用は企画、撮影、編集費で構成されますが、制作費のご提案はお打ち合わせ後となります。不必要な高コスト映像ではなく、依頼者の目的に合う最適な動画制作をご提案します。

<動画活用の検討で迷われている方へ>

​○視聴者は見込み客、既存客、ユーザー、会員、ファンなのか?

○視聴者との関係性の遠近は?

○定量的データアップに縛られず「視聴者に起こしたい変化」の定義は十分か?

○「​つくる」「とどける 」「まわす」の各選択肢や成功イメージはできているか?

○見せる相手によって目指す「動画クオリティー」がどう違うか理解しているか?

○自社(自分らしさ)を無視していないか?

○DX時代前の「動画作り」や「動画活用」の固定概念に縛られてはいないか?

 

その他多くの確認作業を通して、プロジェクトの動画化価値を明確にし、弊社のサービスがマッチするかの判断から始めさせていただきます。

<弊社の映像サービス>

弊社は「人の魅力を伝える映像」を企画し制作します。「日常」にあるオーセンティシティー(真実、信憑性) 、レンズ経由でしか見れないカット、文脈作りのバランスをとり、動画化成功に結びつけます。多くの場合、人の働く姿の中にその会社の魅力が潜んでおり、それを誠実に映し、ロジックもおさえて「伝わる映像」が出来上がります。一方で、映像マーケティングは「制作」「配信」「運用」に偏りがあっては失敗してしまいます。とかく漠然と考えがちな動画活用ですが、目的と成功の定義付けから考え、一緒に戦略を企画いたします。

また各種店舗(飲食やサービス業など)、各種団体、協会を支援する動画、その他簡単なものからドキュメンタリー作品まで様々な要求に応じて満足いただける映像を制作致します。

 

是非お気軽にお問い合わせください。

IMG_3572_edited.jpg

<制作チーム>

弊社の思いに賛同している各種クリエイターと協働で制作します。

○映像ディレクター

○カメラマン

○イラストレーター

○コピーライター

​○ナレーション

​○翻訳家

○作詞、作曲、演奏家