WEB3.0へのエポックメーカー

WEB2.0はGAFAが世界を支配し「利」は広く分配されていません。そして今、分散型で平等性のあるWEB3.0社会への期待が大きくなっていると思いませんか?

今、世界の起業家やクリエイターがより便利にそして経済社会を正しく進化させたいということで革新的技術やサービスの開発をしています。メタバース上の商品のNFT化や決済、民間通貨、仮想土地など具体的な説明の中に、今の不平等を直したいという発言がとても多いのです。

コロナ蔓延とGAFAの台頭は資本主義の変曲点を生じさせたのかもしれません。


個人的にメタバースの行方に関して気になっているのですが、日本ではウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」が躍進しており、取り組んでいる活動(アート及びビジネスサポート・ソリューション)や代表の猪子氏の発言がエポックメーカー的で、興味を惹きます。

https://www.team-lab.com

世界がWEB3.0時代に突入したあと、少々大袈裟ですが日本経済のフレイルがあってはなりません。それには良い意味での異端児的エポックメーカーが必要なのでは無いでしょうか。

そんなことを考えながらコロナも収まってきたこともあり、先日「チームラボ ボーダレス 」というデジタルミュージアムを観てきました。

https://www.teamlab.art/jp/e/borderless_azabudai/

そこは「境界線のない世界を作り人の認識を変えたい」「身体での体験こそが価値観を広げる」というコンセプトで作られました。アミューズメント施設とかインスタ映えスポットと側面が強く、異空間への没入感は想像を下回りましたが、大規模デジタルアートによる斬新さや創り手の一段深い意図も感じられ、とても楽しめました。


チームラボは創業期から「社会全体が個に行き過ぎた」という見方をしており、創作活動はチームでのみで行い、個人の名前を出さないというアート分野では斬新な流儀を実践し、強いチームパフォーマンス思考で活動しています。優秀で尖った人財の集団がチーム志向スタイルで世界で勝負する、というのはとてもユニークですが、大躍進しているこのチームの仕組みに学ぶべきことが多いと思います。

ちなみにWEB3.0への重要ワードの1つもチームやコミュニティーによる活動です。

現在、医療、ヘルスケアデータ、ライフサイエンス業界向けビジネスでもWEB3.0の様々な可能性が模索されています。WEB3.0時代ではこれまで叶いそうでなかなか叶わなかった諸問題が解決していくことを願うばかりですが、プラットフォームでもディバイスでもアプリでもコンテンツでもチームラボのようなエポックメーカー的企業が出てきて欲しい、とも感じたお台場での一日でした。


    エポックメーカーは人を驚かせる 医療やライフサイエンスの諸問題を解決する?