珈琲の雑味について

多くの人が大好きな飲み物、コーヒー。最近は一杯千円以上、持ち帰り用の豆が50gで千円以上というスペシャルティーコーヒー店が増えています。家庭用コーヒーメーカーの進化もあり、自宅での美味しいコーヒー作りも合わせて密かなコーヒーブームなのかもしれません。(豆の値段高騰があり気になりますが、、、)

私も以前はインスタントコーヒー、自動販売機の缶コーヒー、コンビニやスーパーで買えるプラスティック容器のコーヒーを飲むことが多かったのですが、コーヒーの奥深さを知ってからはこれらの「お手軽コーヒー」には戻れなくなり、良い豆を調達しコーヒー豆を挽き、淹れるようになりました。

本当に美味しいコーヒーとそうでも無いコーヒー(?)を飲み比べてみるとその差は想像以上です。コーヒーの美味しさ(または自分の好み)を決めるのは、キレ、苦味、酸味、コクとそれらの調和、また香りも重要な要素で、豆の種類や鮮度、挽き方、淹れ方、焙煎、焙煎後や挽いた後の鮮度、使用器具・道具、カップの形状などが味に影響します。そしてそれぞれの作業過程での丁寧さや道具を清潔に維持することも重要です。また、甘み、苦味、酸味、渋味が偏って出過ぎてしまうと「雑味」「えぐみ」があるとなって、そのコーヒーは美味しさを損ないます。

「美味しいコーヒーを淹れること」が企業の活動だとすると、顧客に雑味を味わわせるのはよくありません。また組織に(マインド&行動の)雑味が多い人財がいては「相手」に嫌われたり、知らず知らずの内に組織内に悪習慣が浸透します。仕方がない、こんなもんだろう!と妥協することの常態化、顧客の立場としてお感じになった経験はあるのではないでしょうか。

こだわりの過程、丁寧さ、雑味・えぐみを出さない努力などがあって初めて美味しくて高品質のコーヒーを提供できます。本当に美味しいコーヒー作りの全過程を観察していくと、うーんなるほど!ということが多く、ビジネスやコンピテンシー 向上へのヒントが得られるのでは、、、などと思いました。



70か国がコーヒー豆を生産し200種類以上の豆の種類がある
コーヒー生産国は約70か国で200種類以上の豆が栽培されている

スペシャルティー珈琲ブーム?
スペシャルティーコーヒー豆がたくさん輸入され始めている

コーヒー豆は焙煎で香りや風味が左右される
焙煎度は香りや風味を作り8段階もある

コーヒーの抽出方法はいくつかの選択肢がある
淹れ方はドリッパー、サイフォン、プレスなどいくつもの選択肢がある

珈琲プレスマシーンの長短
マシーン抽出は便利だが清潔さを維持しないと不味くなる



コーヒーのTPO
場面や時間帯で飲みたい味が変わる

高級珈琲豆は心尽くしの一杯で飲みたい
やはり丁寧さと心尽くしの一杯を飲みたい